教育について書きこんでいきます

企業における教育投資

企業は従業員に、企業の将来の幹部候補として教育投資を行います。
中小企業などでは、社内で十分な教育ができないので、外部のコンサルタント会社が行う研修などに参加させます。
良く知られている研修などは、首都圏で行っているので地方の企業は研修に参加させるのに、交通費なども含めると一人当たり30万円くらいはかかるものです。
ところが、教育を受けて戻ってきて教育効果を十分発揮してくれれば、投資した金額は安いものですが、元も取らないうちに退職してしまうと、とんでもない損出となってしまいます。
このために、経営者の中には研修に参加させる前に一筆書かせる人もおります。
途中で退社した場合は半額持ちますという内容が多いのです。
しかし、本来、そんな最悪の事態になる前に、そんな無責任な社員を採用しないことが重要でもあります。
面接の段階で、会社にとって伸びていく人材であるかどうかというのを見極めるのは非常に難しいことではありますが、だからこそ、一次面接、二次面接と数回に分けて行う面接の内容も大切ですし、よく考えていく必要があります。
また、新入社員がポジティブに仕事にとりかかれるような研修内容であることも重要だと言えます。
研修内容、研修にかける費用は企業によっても大きく違ってくることでしょうけれど、よく内容と予算を考慮したうえで導入していく必要があります。